忍者ブログ
健康関連情報,自然食品、美容健康関連品の紹介・・・!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全般性不安障害(GAD)は、特別に原因のない漠然とした新しい不安が続き、ふらつき、動悸などの身体症状も現れます。
これが原因だと言えるはっきりした不安の対象や原因もなく、漠然とした不安感に襲われる、

将来、事故や犯罪に合い、不幸になるかも知れないなど、根拠のないことに大きな不安を感じ、動悸、呼吸困難などの身体症状が伴うこともあります。
心電図などの検査を受けても、異常は生じず、原因ははっきりしませんが、ストレスの蓄積から、何時の間にか発症しているケースも多々あるようです、

症 状

ありもしない不安や悲観的な予測が漠然と続き、なんとなく落ち着かず、ソワソワ・イライラしたりします。
呼吸が苦しい感じ、動悸、めまい、口渇、冷や汗や振るえなどの症状が続きます、このような症状が連日続く為、1人で居るのが怖くなり、常に誰かと一緒に居ようとしたりして、日常生活に支障が出てきます。

受診、治療

漠然とした不安感と同時に、身体症状が現れることが多くあるので、内科を受診することが多いようですが、回復には時間がかかる病気です、理由もない不安が続くようであれば、早めに精神科で診察を受けるようにすることが賢明です!

傍に居る人は、出来るだけ楽しい話題の話しをしたり、好きな音楽聴いたり、趣味を一緒にしたりして、気を休めれるように、巧く対処してあげましょう!
治療は、坑不安薬、坑うつ剤などの薬物療法、カウンセリングなどの心理的療法を併用します!

PR

生活習慣病なかでも、自覚症状が殆どないので、知らずしらずに多くの人がかかっているのが、高血圧です

心臓が、血液を全身に運びます、この時心臓が収縮する時に血管ににかかる圧力が最高血圧・拡張する時にかかる圧力を最低血圧と言います。
日本人の3000万人がかかっているのではと言われるほど、多い病気です、

高血圧は、心疾患、脳卒中の原因である動脈硬化等、恐い合併症を起こします。主原因の悪い生活習慣を改善して、高血圧を予防しよう、

血圧の測定
血圧は、たえず変化しています、日にちを変え、何度か測定する習慣をつけることが重要です、

1、極端に、寒い場所や暑い場所では測定しない、
2、起床時、朝食後、午後3時に測定して、平均値を求める、
3、測定する1時間前程度から、食事、運動、飲酒、入浴を控える、

(最高血圧が、140~160は軽症・160~180中等症・180以上は重症)
尚、最高血圧だけでなく、最低血圧も注意します!

低血圧は
めまいや肩こりを引き起こすことがあります、多くは生活に支障は生じないが、体調が悪いと思えば、軽く運動して、たんぱく質の豊富な魚や乳製品を食べよう!
尚、血圧が低すぎると、脳障害を引き起こすこともあるので、早めに専門医で受診すべきです、

高血圧の予防のポイント

1)血圧に影響があるタバコは禁煙する、

2)酒の飲みすぎに留意して、時々休肝日を設ける、

3)塩辛いものや、濃い味付けの食べ物はなるべく控える、

4)植物繊維を含む野菜等をよく食べる

5)軽い運動をし、自分なりの解消法でストレスをためないようにする、

高血圧をそのままにしていると、常に動脈に強い圧力がかかるため、動脈の損傷が早くなります、
損傷した動脈には血液中の成分が溜まりやすくなり、」動脈硬化を引き起こします、

脳卒中や脳梗塞の原因の一つです、健康管理に留意して、元気に過ごしましょう・・・!

心の病気は、誰でも病気になる可能性があります。

生涯のうちに何らかの心の病になる人の割合が、40%に及ぶデーターや、内科を受診する30~50%の人達が神経症とみなされる研究結果から考慮しても、心の病気が一般的なものかが解ります!現在、精神疾患は多くの要因が複雑に重なり合って発症すると考えられています。

生れつきの要因としては遺伝的に組み込まれた情報、胎児期の出生持の障害、これらが成長過程で精神疾患にかかり易い素質を形成することがあるとされています。

しかし、これらだけの条件では精神疾患には至らず、生活環境の大きな変化や薬物の使用、身体疾患などのきっいかけとなる出来事などは加わると、精神疾患が発症すると考えられています。

そして、発症した後では、回復を遅らすような要因、改善されない家族、友人関係など、慢性化した精神・身体疾患などが・・・問題となります。

アズキ(小豆)は、大豆と同じように栄養価が高く、ビタミン、ミネラル、植物繊維が豊富に含まれています。

また、他の豆類に比べると、脂肪分が少ないのが特徴です。

アズキに含まれるサポニンは、ポリフェノールの一種で、体内の水分量を調節し、むくみがあると強力な利尿作用を発揮する。

血液中のコレストロールや脂肪を低下させる作用もあります。
サポニンは、皮の部分に多く含まれているので、皮も一緒に食べた方がより効果が望めます!

また、ビタミンB1も多く含むので、疲れや脚気に効果がある。

むくみや二日酔いには、アズキ50gと水600ccを半量になるまで煎じたものに、蜂蜜か粗塩加えて飲むと効果がある。
また、おできや吹き出物には、アズキを潰して粉にしたものに水を加えて錬って、これを患部に貼ると効果が得られます!

自然療法レシピ

1)朝食代わりに、ジュースを飲む。空腹時に分けて飲んでもOK。

<作り方>
各材料をよく洗い、皮のままジューサーにかけて作るり、出来立てを飲む。
作り置きする時は、レモンの搾り汁を入れ、グラスにラップをかけておく!

材 料、

1、ニンジン2本(約400g)・・・・・240cc
2、リンゴ 1個(約25g)・・・・・ 200cc
3,キュウリ1本(100g) ・・・・・  80cc 

食材の効能
キュウリ・・利尿作用により、塩分と水分を排泄する。

★高血圧の原因としては塩分過剰が指摘されているが、塩分は廻りの水分を引き寄せて、結局は血液中の水分を増やして血液量が多くなる結果、その血液を循環させる心臓が余分な力を必要とするため、.血圧が上昇する。よって以前は、降圧剤として利尿剤がよく用いられた。

また、コレストロールや脂肪、尿酸等の余剰物、.老廃物が血管の内壁に沈着して、動脈硬化を起こして、血管を細く、硬くすることも高血圧の要因とされるので、降圧剤として、血管拡張剤が用いられるのです。
2)ニラ・ニンニク・ネギ・タマネギ・ラッキョウは血管を拡張させて、血流を良くし、血圧を下げる作用があるので、ラッキョウを3~5個常食したり、ワカメを適量とタマネギをスライスしたサラダに、そして、醤油味ドレッシングをかけて毎日食べるとよい。

3)酢大豆

 材料 : 大豆・酢
<作り方>
1、鍋に水を入れて、大豆をゆでる。
2、大豆を取り出して、水を切って広口瓶に入れ、ひたひたに酢を注ぐ。
3、2~3日後から、1日20~30粒食べると良い。
4)柿の葉茶を飲む。心身代謝を良くし、ビタミンCが豊富で血圧を下げる働きがある。

尚、上記は、石原結實医学博士著書の内容を抜粋です。

プロフィール
HN:
bee-bee8
性別:
男性
職業:
気楽でない家業
趣味:
蜜蜂飼育
カテゴリー
最新記事
(11/24)
(11/10)
(11/03)
(10/29)
(10/20)
訪問者・・・!
最新CM
[11/18 SLT-A77]
[09/11 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[04/26 Leia]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
損をしないコーナー
ブログ内検索
お客さんの数は?
選りすぐり品、陳列棚、
引出し自由の本棚
健康関連商品
メール記入欄
質問、連絡事項等自由に記入してください!
好いのかな~!
Copyright © 美容健康・心身の症状・原因、病気予防と食の管理で快適に、! All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]