忍者ブログ
健康関連情報,自然食品、美容健康関連品の紹介・・・!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一日の疲れを取って、くつろぐには、入浴が一番でしょう!
仕事や運動、労働で使い続けた筋肉をほぐして、心も身体もゆったりとした気分で眠りにzzzzz,,,,,!

昼間は交感神経がフル稼働で働き、身体や.精神が緊張しています、
これを継続して、寝ようとしても、なかなか寝付けない、眠れても眠りの質はあまりよいとは言えない、

眠りの質を良くするためには、副交感神経が働き出して眠ることです、
これをを導く手助けが、ぬるめのお湯につかることです、
入浴で身体、肉体的にも緊張がほぐれ、副交感神経に切り替わります、

お湯の温度が38~40℃程度が疲れをとってリラックス出来ると言われていますが、季節によって気温や、また、人それぞれが違うので、少しぬるめかな?・・と思う程度で、自分が一番気持ちの良い状態が最適でしょう!

入浴中に・・・無・・の心境で、静かな曲を聴きながら・・・・・・♪、リラックスしましょう、  

翌朝の、目覚めを良くする為に、質の良い睡眠時間となるように、努力しましょう。

PR

タバコは、身体に害があるのはみんな知っているでしょう! 
しかし、これが止めずらい・・・(依存症)


さて、喫煙が肌に与える影響は如何だろう?
美しい若い女性の肌も、喫煙を続けていれば肌の老化を促進されて、ヘビースモーカーは、非喫煙者の数倍もシワが出来やすいとも言われています!
軽いタバコに変えても、本数が増え、身体に取り込むニコチンは、あまり減ることは無いでしょう!
(身体がニコチンを欲する量は一定です)

タバコを吸うと、血管が収縮して血流が悪くなり、多くのビタミンCが奪われれて、肌が荒れてきます、
一本のタバコを吸うと、レモン1個分程度(25mmg)のビタミンCが失われるそうです、

また、タバコの煙(受動喫煙)が皮膚に触れると、乾燥しやすくなり、科学的な刺激を受けて傷つきます、
この結果、肌の老化が促進されて、みずみずしさを失い、シミやシワが出来やすくなります、喫煙は、肌の慢性的な酸素不足を引き起こし、コラーゲンなどの肌の組織を傷つけます!

貴女は美肌を放棄して・・・タバコを吸いますか?
美貌の敵のタバコと、縁を切り、長く美しさを保とう~~~♪

紫外線は天気情報等でも、予報されています、

何故だろう?・・・それは有害な影響が生じるからです、肌に大敵ということ等は皆さんは承知でしょう!

外線とは
1、太陽光線(大きく分けると、紫外線・赤外線・可視光線)の中で波長(200~300nm)の短くエネルギーが強い光線です、
 また、紫外線は皮膚でビタミンDを合成します、 赤外線は760nm以上、可視光線は380~760nm(1ナノメーター、1m/10億の長さ)です、地上に熱を送っているのが赤外線、光は可視光線です

2、紫外線は、太陽が最も高くなる5月が最も多くなります、B波は冬の少ない季節でも50%はあります、また、B波はオゾン層が減る8月頃に多くなります、

紫外線の種類
 A波(UVA):皮膚の真皮まで達して、肌の潤いや弾力を奪い老化を早める、通常は黒く日焼けします、
 B波(UVB):皮膚細胞内のDNAに損傷を与え、赤い炎症を生じ、A波より影響が大きい、

 C波(UVC):一番危険な紫外線です、ガンの発生率が高まると言われています、普通はオゾン層で吸収されて、地表まで殆ど到達しない、

紫外線の影響
1、紫外線がj皮膚に当たると、その一部は表皮の角膜質で反射し、その残りが皮膚の中まで浸透してくる!
 そして、基底層にあるメラサイトが刺激を受け、メラニン色素を作るようになります、

 紫外線を浴び続けていると、これが蓄積され深刻なダメージとなって現れてきます、若い頃長時間紫外線を浴び続けた人は、ある年齢に達すると、急にしみ、たるみ、しわが目立つようになるので注意しましょう、

2、多く紫外線を浴びると、皮膚の老化を早め、免疫力の低下、白内障、皮膚ガンを引き起こす原因となると言われている、

紫外線の予防対策
1、基本は、外出時肌を保護する服装、予防具などを持って、出かけることを心がける、

2、帽子、日傘、手袋、サングラス(紫外線に効果がある物)等を、適時着用すると良いでしょう、

3、日焼け止めクリームを塗布する等・・・、

日焼け止めクリーム使用時に留意することは、

1、種類が居多いので適した製品を使用する、

 PA(A波の防止効果)・・(P++)の表示ならば、普段の生活ならば問題ないが、屋外などに長く居る場合は、少し強めの指数の品物を選択すれば良いでしょう、(日焼け止めクリ-ムは、紫外線に当たると、段々と効果が減少します)

 SPF(B波の防止効果)・・20~30程度が望ましい、

 紫外線吸収剤:紫外線を吸収する化合物により熱エネルギーに変換して防御します、
 紫外線散乱剤:紫外線を反射して」、皮膚に侵入するのを防御します、
但し、両方とも効果は、差が無いようですが、出来れば散乱剤(ノンケミカル剤の表示)を使用するのが安心できるようです。

尚、強い日焼け止めを塗り長く過ごすよりは、弱めの日焼け止めを時間が経過ごとに、繰り返し塗るほ方が効果的です、

2、塗りムラの注意、また雪の中、海岸等では照り返しの紫外線が多いので、顎など下向きの肌、耳なども忘れずに・・・!

3、その製品に書かれている、注意書きを充分に把握して私用することも大切です!

また、日焼け止めクリームはべたべたして嫌いと言う女性の方は、パウダータイプのファンデーションもある程度、紫外線を防ぐ効果ががるので、使用するのも一案です。

プロフィール
HN:
bee-bee8
性別:
男性
職業:
気楽でない家業
趣味:
蜜蜂飼育
カテゴリー
最新記事
(11/24)
(11/10)
(11/03)
(10/29)
(10/20)
訪問者・・・!
最新CM
[11/18 SLT-A77]
[09/11 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[04/26 Leia]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
損をしないコーナー
ブログ内検索
お客さんの数は?
選りすぐり品、陳列棚、
引出し自由の本棚
健康関連商品
メール記入欄
質問、連絡事項等自由に記入してください!
好いのかな~!
Copyright © 美容健康・心身の症状・原因、病気予防と食の管理で快適に、! All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]