忍者ブログ
健康関連情報,自然食品、美容健康関連品の紹介・・・!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぎっくり腰は、再発しやすいと言われています!
予防には、急な動作は控えるのが賢明です、・・・注意、.

何気ない動作でも、ぎっくり腰になることがる、予防するには日常の姿勢、身体の使い方に留意する必要があります!
普段運動不足感じてる人や、デスクワークを長くしている人は特に注意をしよう、
立位や座位の姿勢では重心を安定する事が重要です!

また、同じ姿勢で仕事などをしている人も腰に負担がかかり、腰の並びが悪くなり神経が圧迫されて痛み出ることが多い、時々背伸びをしたり、腰の運動、ストレッチ等を意識して行うようにします、

良い姿勢でも長時間の同じ姿勢で居ると、思った以上に腰に負担をかけるので要注意です、仕事中でも1時間に最低一度は、姿勢を変えると良いでしょう!

ぎっくり腰になったら、病院に行って処置をしてもらい、その後時間をかけて治します!
マッサージ、つぼ療法、湿布など・・・!安静にすることも大切です!
尚、ぎっくり腰のなって、すぐ風呂に入るのは、炎症が広がり痛みの増加を招くので控えるべきです!

専門機関(整形外科等)では神経を調べ障害が無いか確認します、治療は、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤の処方やコルセットの着用等、また家庭で出来る体操などを指導することが多いようです!

PR

重いものを急に持ち上げようとして・・ぎっくり腰に・・!こう思っているが意外に多いのでは?
ぎっくり腰は通称で、医学的な呼び名は急性腰痛症と言います!

ちょっとした動作や、クシャミ、後へ振り返ったり、かがんで物を拾うとした時等、日常生活の何気ない動作でぎっくり腰になる場合がほとんどです!

また、不用意に急な動作や不自然な姿勢、中腰の姿勢、同じ姿勢を長時間継続したりしていると、起こりやすいようです!

アッ・・と感じて不思議な感覚、そして強烈な痛み、突然立ち上がれない程の強い痛み生じるぎっくり腰、経験された方も居るのでは・・?

原因は、仙腸関節が僅かに離開して腸骨が後方にずれている場合が多く見られるようです、骨盤を支えている筋肉が弱くなりずれる、

骨盤を支えている筋肉が弱くなる原因には腹直筋などのように、上から支えている筋肉群と大腿四頭筋等のように下から支えている筋肉群とその他前後左右から支えている筋肉があり、これらの筋肉が疲労やストレスの蓄積により少しずつ弱くなっていったり,事故や打撲、捻挫、過度のスポーツなどが要因となり筋肉群が弱くなっていく!

また、体重を支える機能を維持する為の栄養分の不足により、起こることもあります、これを予防する為に、ビタミンCを摂るようにしましょう!

ぎっくり腰の症状

直ぐに痛くて動く事が出来ない場合と、ひねった時はなんともないが数時間経過して、ズキズキ痛みが起こり動けなくなるばいいがあります!

軽い症状ならば、歩く事は出来るが、腰の関節に負担がかかる姿勢になると、激痛が生じます.!

急に起こる腰痛は、患部が熱をもち炎症を起こしています、これは、毛細血管が切れて内出血を生じ、動脈血が患部に流れているからです、

腰の左右どちらかに痛みが続き、上半身を上にまげて腰痛を少なくする姿勢をとります!

ぎっくり腰は、安静にすることが.大切です・・・!

予防、治療法は・・・次回に・・・!


腰痛、肩こり、手足のしびれ/伊藤 達雄
¥1,050
Amazon.co.jp
腰痛保護ベルト スタンダード S
腰痛ベルト FC腰サポートベルト
¥3,980
ケンコーコム

日本人は、肩こりの方が非常に多いといわれています、     

肩こりの原因は、多種、多様です、
 
1、無理な姿勢や、長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉の緊張状況が続き、血液の循環が悪くなる為、原因になります、 事務、パソコン等で仕事は注意です。 
 姿勢が悪いと、頭部や腕の重さが首や方に集中してかかり、筋肉周辺の血管が圧迫されて、血液の循環,代謝が悪くなり肩こりが起こります

2、テレビ、パソコン等長時間見続けたり、メガネ、コンタクトレンズが合っていなかったりすると目が疲れ、血管が収縮して血流が悪くなり、肩こりの原因になります。

3、運動不足、
 運動をすれば、筋肉が血管を動かし、血行を促進して老廃物の代謝を助ける、

4、歯のかみ合わせの不具合、頬の左右の筋力のバランスが崩れ、肩こりに影響します、また、歯周病などの痛みでも肩こりを起こします、

5、ストレスやうつ病等,精神的に悩んだり緊張したりすれば、血管循環不良を起こし、肩こりが生じるようになります、

6、内臓疾患(狭心症、心筋梗塞、糖尿病、高血圧)の病気がある場合、血液の循環が悪くなって肩こりとなる事があります、

7、筋肉の外傷が原因の場合
 打撲や急激な筋肉運動により、筋肉が損傷を受けると炎症反応により循環不良が生じて、肩こりとなる場合があります、

8、その他、肥満、冷え性等でも肩こりを引き起こすがあります、

肩こりの解消方法

1、運動をして筋肉を動かす(継続するのが望ましい)
2、マッサージを行う(血行を良くする)
3、姿勢を正しくする、
4、身体を温め、冷やさない
5、目の疲労を予防
6、心の.休養(ストレスを溜めないように留意する)
7、治療する(針治療、お灸、ビタミンEの摂取等)
8、治療グッズ等を利用してみる、
9、その他

↓・・・詳しくは、これで、、、

腰痛、肩こり、手足のしびれ/伊藤 達雄
¥1,050
Amazon.co.jp
肩・ひざ・腰の痛みがなくなる体操/若野 紘一
¥1,365
Amazon.co.jp
肩こり・手足のしびれ―頸椎からくるトラブル/平林 洌
¥1,365
Amazon.co.jp
プロフィール
HN:
bee-bee8
性別:
男性
職業:
気楽でない家業
趣味:
蜜蜂飼育
カテゴリー
最新記事
(11/24)
(11/10)
(11/03)
(10/29)
(10/20)
訪問者・・・!
最新CM
[11/18 SLT-A77]
[09/11 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[04/26 Leia]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
損をしないコーナー
ブログ内検索
お客さんの数は?
選りすぐり品、陳列棚、
引出し自由の本棚
健康関連商品
メール記入欄
質問、連絡事項等自由に記入してください!
好いのかな~!
Copyright © 美容健康・心身の症状・原因、病気予防と食の管理で快適に、! All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]