忍者ブログ
健康関連情報,自然食品、美容健康関連品の紹介・・・!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神経痛とは、老化による筋肉の疲労や硬直、外傷や風邪など、何らかの原因で末梢神経が刺激されて生じる痛みをいいます。
そして、痛みが生じる部位は、末梢神経の支配する領域に限られ、鋭く激しい痛みに突然襲われます。これは長くは続かないが、繰り返し痛むのが特徴です。

主な神経痛

1)三又神経痛
 こめかみから目、顎、頬に枝分かれする三本の神経を三又神経と呼びます、
この神経がある部位で起る痛みを三又神経痛といいます。
又、腫瘍などが原因で起こることもあるが、この原因の多くは、脳に流れる血管がこめかみなどの神経に触れたり、圧迫した場合に起ります。

2)肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)
 背中から出て胸腹部に分布している左右の二対の神経を肋間神経と呼びます。
これは、肋骨に沿って激しい痛みが起ります。変形性脊椎の病気に関するものが多いが、心臓や呼吸器の病気が原因になることもあります。

3)坐骨神経痛
 腰から足の末端まで縦に伸びている長い末梢神経をいいます。この末梢神経がある部位で起る坐骨神経痛です。
原因は、脊椎板ヘルニアなど、ずれた腰椎が神経に触れて起きることが多く、糖尿病などの疾患、風邪、外傷などがきっかけとなって起こることもあります。

予 防

筋肉の硬直を防止する為に、血行をよくしたり、神経を刺激する病気にならないようにすることです!.

血行を良くする健康食材

1、ラッキョウ
2、大豆サポニン
3、米酢
4、青魚類.(マグロ・イワシ・サンマ・鯖・・・など)

PR

普段使っていない筋肉を、運動や仕事で使うと,、その時はなんでもないが、翌日になって身体のあちこちが痛み、動かし辛い経験は、誰も経験済みでしょう!・・・これが筋肉痛です、

筋肉痛は2種類あります、

1、現発生筋肉痛

 筋肉の細胞が刺激を受け、血液から運ばれてくる酸素を使ってエネルギーを作り出します、筋肉を使い過ぎると血中にヒスタミン、カリウム等の発痛物質が生じて、痛みが発生します、

2、遅発性筋肉痛

 筋繊維や周囲の組織が損傷して、これを修復する過程で痛みを伴う(運動の後などの痛みが、これです)

運動選手がスプレーを吹きかけて冷やすことや、野球の選手等が氷水で患部を冷やしたりしますね、しかし一般の人が日常これを行うことは問題です!

冷やすと炎症は治まり、痛みも軽減されるが、これは疲労が解消されたのではないからです、これを繰り返していると機能が鈍って来て、回復力も次第に悪くなるので注意しよう!

筋肉痛の対処で有効なのは入浴です、ここで注意すべき事項があります、過度のマッサージや長い入浴は筋肉痛を悪化させる場合があるので注意しましょう、

筋肉痛の予防、

1、ウォーミングアップをしてから、運動など筋肉を使うことを行うべきです、ウォーミングアップをすれば筋肉が温まり、血流れも良くなり疲労物質の代謝を促進し、また怪我の予防になります、

2、クールダウンを・・・スポーツなどの後でストレッチや軽い運動などを実施する、(激しいスポーツの後で急に休むと、血液の循環が悪くなり、疲労物質が溜りやすくなります)

3、入浴・・・入浴すれば血管が広がり血流が促進されます、この時軽めのマッサージを行うと更に良くなるでしょう、

4、マッサージ・・使用した筋肉部分を軽く揉み解したり、マッサージをして血行の循環を良くすれば、筋肉痛の軽減となります、強く揉み過ぎると硬直が増したり,回復が遅れたりすることがあるので留意してください。

プロフィール
HN:
bee-bee8
性別:
男性
職業:
気楽でない家業
趣味:
蜜蜂飼育
カテゴリー
最新記事
(11/24)
(11/10)
(11/03)
(10/29)
(10/20)
訪問者・・・!
最新CM
[11/18 SLT-A77]
[09/11 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[04/26 Leia]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
損をしないコーナー
ブログ内検索
お客さんの数は?
選りすぐり品、陳列棚、
引出し自由の本棚
健康関連商品
メール記入欄
質問、連絡事項等自由に記入してください!
好いのかな~!
Copyright © 美容健康・心身の症状・原因、病気予防と食の管理で快適に、! All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]