忍者ブログ
健康関連情報,自然食品、美容健康関連品の紹介・・・!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アトピー性皮膚炎の原因となるアレルゲンは、日常生活の中に潜んでいる物ばかりです、

ほこり・ダニ・花粉、ペットの毛、そして特定の食べ物(卵、牛乳、小麦等)の成分等に、過敏に反応して、湿疹のような皮膚の炎症が起る病気です。尚、これが原因だと、特定は出来ていません。乳幼児期から幼児期に発症し、長引くことが多いですが成人になってから発症する場合もあります。

年代によって症状の現れ方は違います、思春期以降は首の周りが黒ずみ、皮膚が苔癬化(厚っぽく粗い状態)して、強い痒みを伴います。
また、顔面に紅斑が出来る場合や皮膚の角質が剥がれ落ちてししまうこともあります。

症状は、季節によって変化し、通常は夏季に少なくなり、冬季には乾燥して悪化します!

原 因

アトピー性皮膚炎は、アレルギー疾患の一つで、アトピー体質という遺伝的な、特異体質の人に起る病です。近年、成人してから発症するケースが増加傾向にあるようです!これは、ストレスや過労が関わっていると考えられています。
最近の住宅環境は、ダニが繁殖しやすく、それらがアレルゲン(原因物質)になっていると考えられています。また、アレルゲンに加え、気温、発汗、真菌(ほこりやカビ)食事などが悪化させる原因となります。

治 療

痒みが続くと症状が悪化し、それを掻き壊し更に悪くすることがあるので、痒みを止めることを優先します。
尚、悪化を避ける為にも原因を特定し、それを避けることが必要です。原因を取除かない限り、治療の効果は得られません。
白色ワセリン等を塗布して皮膚の乾燥を防ぐだけで改善する場合もあります。かゆみが治まらない場合は、坑アレルギー薬や坑ヒスタミン薬を服用します。

皮膚炎がひどい場合は、副腎皮質ステロイド外用薬も使用します。この薬は、何段階か作用の程度違うものがあるので、症状や部位によって使い分けします!
また、乾燥を改善して、肌に潤いを与える保湿クリームや入浴剤も有効的です。


☆・・・矯めになる事を書いてるよ
皮膚の医学―肌荒れからアトピー性皮膚炎まで (中公新書)/田上 八朗
¥819
油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる!/永田 良隆
¥1,365
アトピーは中医学と薬膳で治す―諦めてはいけません!必ず改善します!/植松 光子
¥1,575

PR

近年になって、衣類によるかぶれ(接触皮膚炎)が多くなったいわれています。
接触皮膚炎は、物質が肌に触れて起る皮膚の炎症です、これが皮膚の病で最も多い。

重要なことは、かぶれの原因を特定することです。原因が解れば、これを避けたり取除けば皮膚炎が治り予防が出来るようになります。

逆に原因が解らないままステロイド軟膏などを塗り続けていると、皮膚炎が治らないばかりか、副作用の心配も生じてきます。
炎症の原因が、草木、紫外線、化粧品などの場合は直ぐに解るが、衣類の場合は簡単に解らず、アトピー性皮膚炎と間違われる事がよくあります。

しかし、衣類が原因の場合は、衣類に触れている部分だけにかぶれがあるのが特徴なので、他の部分には炎症は見られません。

肌着などは、見た目を良くする為に使用されている、染料,蛍光物質、柔軟剤等によってかぶれを生じているからです。
また、衣類を洗濯する場合に、合成洗剤を使用すると、洗剤に含まれている染料,蛍光物質、柔軟剤等が衣服に付着し、肌の湿り気や汗などで溶け出し、皮膚にかぶれを起こしてしまいます!
尚、今売られている下着などは。見かけを重視して、商品価値を上げる為に蛍光物質、派手な染料、柔軟剤などが使用されており、皮膚の炎症を起こしやすいです。
(加工されていない、肌着や下着は、残念ながらあまり見かけないようです)
これを、合成洗剤で洗うと・・・益々汚染される!
また、昔ながらの洗濯石鹸で洗ってもなかなか取れません!

洗濯物を石油ストーブなどの暖房器具がある部屋で乾燥させると、排出されるガス等で洗濯物が汚染される、これを着ればかぶれが生じる場合も起ります!
接触皮膚炎は、今までなんともなかったが、ある時期を境に突然皮膚炎を起こすようになるのが特徴です。注意しましょう!

☆、一読をお薦め致します!
植物による食中毒と皮膚のかぶれ―身近にある毒やかぶれる成分をもつ植物の見分け方 (写真を見ながら学べるビジュアル版 新健康教育シリーズ)/指田 豊
¥2,100

近年になって、衣類によるかぶれ(接触皮膚炎)が多くなったいわれています。接触皮膚炎は、物質が肌に触れて起る皮膚の炎症です、これが皮膚の病で最も多い。

重要なことは、かぶれの原因を特定することです。原因が解れば、これを避けたり取除けば皮膚炎が治り予防が出来るようになります。

逆に原因が解らないままステロイド軟膏などを塗り続けていると、皮膚炎が治らないばかりか、副作用の心配も生じてきます。
炎症の原因が、草木、紫外線、化粧品などの場合は直ぐに解るが、衣類の場合は簡単に解らず、アトピー性皮膚炎と間違われる事がよくあります。

しかし、衣類が原因の場合は、衣類に触れている部分だけにかぶれがあるのが特徴なので、他の部分には炎症は見られません。

肌着などは、見た目を良くする為に使用されている、染料,蛍光物質、柔軟剤等によってかぶれを生じているからです。
また、衣類を洗濯する場合に、合成洗剤を使用すると、洗剤に含まれている染料,蛍光物質、柔軟剤等が衣服に付着し、肌の湿り気や汗などで溶け出し、皮膚にかぶれを起こしてしまいます!

尚、今売られている下着などは。見かけを重視して、商品価値を上げる為に蛍光物質、派手な染料、柔軟剤などが使用されており、皮膚の炎症を起こしやすいです。
(加工されていない、肌着や下着は、残念ながらあまり見かけないようです)

これを、合成洗剤で洗うと・・・益々汚染される!また、昔ながらの洗濯石鹸で洗ってもなかなか取れません!
洗濯物を石油ストーブなどの暖房器具がある部屋で乾燥させると、排出されるガス等で洗濯物が汚染される、これを着ればかぶれが生じる場合も起ります!
接触皮膚炎は、今までなんともなかったが、ある時期を境に突然皮膚炎を起こすようになるのが特徴です。注意しましょう!


☆、一読をお薦め致します!
植物による食中毒と皮膚のかぶれ―身近にある毒やかぶれる成分をもつ植物の見分け方 (写真を見ながら学べるビジュアル版 新健康教育シリーズ)/指田 豊
¥2,100
Amazon.co.jp

皮膚は、身体を覆って外から色々な物が侵入するのを防いでいます、
逆に水分など外へ出ないようにする等、生命を維持する為の働きも行っています!

皮膚病の症状

皮膚に出る症状は様々です、皮膚そのものの病気か?また身体の病気が現れているのか?解らない場合は、皮膚科などで受診して判断してもらいましょう!

1、水泡
 皮膚の表皮の中や下に液体が溜った状態です、とびひや、かぶれ等、表皮の下に溜る物は,はやけ等・・!

2、斑(はん)
 皮膚に平らに発生するものです、血管の拡張による赤色のもの、メラノサイト等の色素による茶色、褐色、青色があります!また、紫色のものは、紫斑と呼ばれ皮膚の血管から出血した時に現れます!

3、角化
 表皮の角質が硬くなるものです、たこや魚の目がこれにあたります!

4、丘疹(きゅうしん)
 丘疹は、1cm位までのもので、皮膚から球のように盛り上がるものを呼びます、炎症や腫瘍など、皮膚病でよく現れる症状です。

5、結節・腫瘍
 丘疹より大きくて、2cm以上のものを言います、尚、単なる炎症ではこのように大きくならないので、腫瘍性の病気の可能性が常にあります。

6、びらん
 皮膚の表皮が欠けて、赤くただれた症状です、かいたり擦ったりすると出来ます、跡は残りません。

7、膿庖(のうほう)
 細菌感染等した時に出る膿が、皮膚にたまったものです。

8、潰瘍(.かいよう)
 皮膚の欠損が真皮まで達したものです、原因は、外傷によるものと、真皮の病変によるものとがあります。

9、鱗屑(りんせつ)
 皮膚の角質が白くフケのようになったものです、炎症性や腫瘍の皮膚炎で現れる。

10、痂皮(かひ)
 皮膚に出来た・かさぶた・です、これは、血液成分が皮膚にくっ付いたものです!

上記は、皮膚病の病気の説明によく出てくるので、参考になれば幸いです!

 

プロフィール
HN:
bee-bee8
性別:
男性
職業:
気楽でない家業
趣味:
蜜蜂飼育
カテゴリー
最新記事
(11/24)
(11/10)
(11/03)
(10/29)
(10/20)
訪問者・・・!
最新CM
[11/18 SLT-A77]
[09/11 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[04/26 Leia]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
損をしないコーナー
ブログ内検索
お客さんの数は?
選りすぐり品、陳列棚、
引出し自由の本棚
健康関連商品
メール記入欄
質問、連絡事項等自由に記入してください!
好いのかな~!
Copyright © 美容健康・心身の症状・原因、病気予防と食の管理で快適に、! All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]